人間の身体は主に水で出来ており、体重の55%〜75%を占めると言われています。成人は毎日、体重の4%に相当する水を飲む必要があります。これに基づくと、体重60kgの成人は毎日約2.5リットルの水を飲む必要があるということになります。

水は生命と健康を維持するために不可欠なものです。しかし実際には、ほとんどの人が水質を確かめず、体に無益な水を飲んでいます!

煮沸し精製された水は、ミネラルが失われています。この種の水を長い間消費した場合、体内のミネラルは水と一緒に排出されてしまい、体内を酸性状態にします。長期間に渡ってこのような水を飲用することは、体内の重要なミネラルの喪失につながり、病気のリスクを増加させます。

ミネラルは人間の身体の組織を構成し、生物学的機能を維持する主要な要素です。マグネシウム、カルシウム、カリウムなどの不変成分や、銅、モリブデン、ヨウ素、マンガンなどの微量元素は、すべて体に必要なミネラルです。私たちの体は、自らミネラルを生成することはできませんが、電解還元水を毎日飲むことで、健康維持に必要な各種ミネラルを得ることができます。

健康的な血液は、7.35から7.45pHで、わずかなアルカリ性を自然と示します。しかし、環境汚染や偏った食生活の影響で、私たちの体は多くの場合、酸性の状態になっています。弱酸性の体は、細胞の機能や新陳代謝を下げるとともに、腎臓や肝臓に余分な負担を与え、老廃物の排出を妨げます。酸性の体質をもつ人々は多くの場合、股関節痛や腰痛を抱え、四肢が弱く、めまい、不眠、下痢、便秘の症状があり、また特に頑固な病気に影響を受けやすいでしょう。電解還元水は人間の免疫システムを強化し、体のpH値を最適な状態である約7.35pHに回復、体のpH値のバランスを保ちます。

私たちは、生きるために酸素に依存しています。しかし、吸い込んだ酸素の一部は強力な活性酸素(フリーラジカル)に変化します。活性酸素は体内の細菌を殺すのに役立つ一方で、その大半は正常な細胞を攻撃し、そこから老化を呼び起こし、代謝に影響を与え、さらに臓器機能不全を加速させます。重い症例としては、癌を引き起こす遺伝子を突然変異させることが可能で、そのため活性酸素は「すべての病気の原因」と言われています。

活性酸素に起因する主な病気

私たちの体は、効果的に活性酸素を阻止することができる「抗酸化酵素」を備えています。ビタミンなどの「抗酸化剤」も、酸化を阻止する能力を高める抗酸化酵素に有用です。抗酸化酵素は、老化のプロセスを遅らせることができます。しかし、年を重ねるにつれ、抗酸化酵素の力は低下していきます。私たちは健康を維持するために、より多くの抗酸化物質を摂取しなければなりません。抗酸化物質は、たくさんの果物や野菜を摂ることに加え、電解還元水を飲むことで摂取することができます。電解水は強力な抗酸化物質であり、さらに抗酸化剤の吸収にも有用で、二重の効果を発揮します。

ORPの負の値が大きいほど高い抗酸化能力を発揮し、体を若い状態に保ち、老化のプロセスを遅らせます。

高い抗酸化作用

電解水は電気分解によって生成され、強力な抗酸化作用を有する活性水素を大量に含んでいます(酸化還元電位(ORP)は、-250mV以下)。電解水は体から有害な物質を排除し、破損し酸化した細胞を回復させます。そうすることで免疫システムを強化し、体を正常な状態に戻します。したがって、長期的な電解還元水の飲用は、都市部の生活に起こりがちな病気を予防し、老化を妨げることができるのです。

ORPの正の値が大きいほど酸化能力が高くなり、体の衰えと老化を急速に早めます。

活性酸素を効果的に除去

水道水や精製水と比較して、電解還元水は不要な活性酸素(フリーラジカル)をより効果的に除去し、老化進行の阻止に貢献します。

 

微小な水の分子が、細胞周期を促進

体の病気の大部分は、体内の老廃物の蓄積に由来します。したがって、健康を維持するには、継続的に体内から有害物質を除去する必要があります。きめの細かい水のクラスターが、より高い浸透力で人体細胞へ侵入し、有害物質を流し栄養素を補います。電解還元水の飲用は、血中脂質やコレステロールを低下、希釈させ、血液洗浄の効果があります。

 

WordPress Video Lightbox Plugin